2016年1月11日月曜日

クリサリスタロット講釈 その6 ⅩⅩⅠ Psyche

こんばんはです。
大変重要な週末を色々反省と反芻しながらまとめています。

早くもクリサリスタロットでもラスボスさん登場しました。
ライダー版ではTheWorldとされているのが今回のカード。

ライダー版で言えばthe world(世界)に相当。完全な存在・終結を示しているが、このカードでは不滅な存在であるプシュケとなっています。カードの絵では蛹から蝶となっているプシュケの姿が描かれています。真面目だけどちょっと気弱であったりお馬鹿な所もあったりしますが、とても魅力的だけではなく頑固な所もある存在で、エロスも恋焦がれて結局結ばれたという神話もあります。
意味合いはAscension(上昇、覚醒する)

・カードの講釈

原文:Psyche dances onto the world stage to herald your glorious success.
         This card is about those moments of clarity that bring quantum leaps of awareness and understanding.
         Transformation is a lifelong work in progress, a continuing quest for renewal and growth.
         When one growth cycle ends another begins.
         You travel through many doorways on the quest for fulfillment.
         Psyche's message is to mind the thresholds lest you become stuck in the certitude of absolutes and cease to grow.
         Psyche translates as either soul or butterfly in Greek.
         As a beautiful butterfly ,Psyche symbolizes the transformation of consciousness called ascension, your highest calling.

翻訳:プシュケーは、あなたの素晴らしい成功を告げるために、世界の舞台の上へ踊ります。
         このカードは覚醒と理解において大躍進したことを明確になったことを示しています。
         変革とは、己の更新と成長するための探求をし続けるということを一生の生業とすることです。
         成長のサイクルが終わるときには他のサイクルの始まりとなります。
         あなたは、充足の探求に関して、様々な入り口を旅行します。
         プシュケーのメッセージは絶対的な確信や成長を辞めることをしないように思考の始まり点で心配りをしています。
         プシュケーはギリシャで魂とも蝶とも訳されます。
         美しい蝶としての表現において、プシュケーは意識変革を昇華していることの象徴となっています。

このカードは完成という意味だけではなく、完成とは次の生業への入り口にもなり、それらが一生続くものが生きることという意味にもとれます。
ギリシャ神話でも、プシュケーは姉妹の中で最も美しい存在とされて姉妹であるアフロディーテからは散々酷い仕打ちを受けていました。
あのシンデレラの話にも似ています。こういうのは共通しています。
多分プシュケーにとってはアフロディーテからの仕打ちも自分自身の探求と成長のため、無論愛する人のためでもありますが、そのためであるからこそ真摯に立ち向かってきたのかもしれません。その好奇心旺盛な面が散々痛い目にあっているというおちゃめな面もあります。
覚醒したプシュケー(蝶になった)でありますが、そこでは終わらないのがプシュケーたるアセンデッドマスターとしての役割をやっているかと思います。愚直であることが昇華への唯一の道かと感じます。
邪念だらけの私には難しい課題をつきつけられました(^_^;)


0 件のコメント: