2016年1月11日月曜日

クリサリスタロット講釈 その7 Six of Stones

こんばんはです。
昨日、今日で悲しい別れが続いています。
別れはやはりまた逢えることができることを期待できる別れがいいですね。

ライダー版では6のペンタクル。
キーワードはcaritas(ラテン語で愛)

・カードの講釈

原文:Six talismans carved from beryl gemstones swing from the Tree of Life.
         The green ones are emeralds; the gold ones are called heliodors or "Gift of the Sun."
         This card is about giving and receiving.
         The green and gold talismans symbolize caritas - charity of love for others and charity of love for self.
         The Tree of LIfe's interwoven energy flows upward from its roots to nurture personal growth and self-understanding.
         In your reading,this card draws your attention to charity , empathy and acceptance of others.

翻訳:6つのお守りは生命の木に揺れていた緑柱石から削ったものです。
         絵の緑色のものはエメラルド。金色のものはヘリオドール又は太陽からの贈り物と呼ばれています。
         このカードは与えることと受け取ることです。
         この緑色と金色のお守りはラテン語で愛を象徴しています。ー 他者への思いやりと自身への思いやり。
         生命の木に織り込まれたエネルギーは木の根から個人の成長と自己理解を養うことに流れていきます。
         リーディングでは、このカードは他者への共感と受容という思いやりに注意を向けるようにする。

解釈として、翻訳の内容通り「自己と他者への思いやりに気を向けるよう」と取れます。
その際のエネルギーを生命の木という真理から取り込むことが自己への成長という過程を得ることでもあると示唆されます。
そして、絵にぶら下がっているタリスマンに誓いと感謝を胸に守って戴きましょう。

この記事を書いた日にご逝去されたデビッド・ボウイさんと前日ご逝去された竹田圭吾さんに、無事に虹の橋を渡れるよう祈りながら・・・私も命を捧げる生き方をできるようタリスマンに刻みたいと思い、そして誓います。


0 件のコメント: